金属加工業向けユースケース

金属加工業が抱える課題ごとに Edgecross を活用したユースケースをご紹介します。

いま取り組むべき「変化への対応」と「新しい働き方」

金属加工業では従来より、少量多品種化への対応、人材の確保、熟練者の技術継承などが喫緊の課題として取り組まれてきました。さらにパンデミックを契機に、発注元の生産調整への対応力の強化、また生産管理や監視保守なども含めたテレワークの迅速な推進なども新たな課題として浮上してきました。これらを俯瞰すると大きく「変化への対応」と「新しい働き方」という2つのテーマを見出すことができます。Edgecross は生産現場を最適化し、これらを統合的に解決・生産性の向上を支援します。

金属加工業における5つの課題テーマ

Edgecross コンソーシアムでは、市場の分析により金属加工業が取り組むべき5つの課題を抽出。ここではそれぞれに適用する Edgecross のユースケースをご紹介します。

少量多品種生産での収益確保

取引案件の少量多品種化が進む中で、品種ごとの原価・収益性管理を実現すると同時に、販売優先度の見極め、見積りの迅速提示など収益意識の高い企業活動を促進。

少量多品種生産での収益確保

Edgecross の活用でできること
  • 品種ごとの原価をリアルタイムに把握し、生産調整にも収益性を最適に管理。
  • 原価をベースにした改善指標を全社で共有し、全ての活動で収益意識を向上。
  • 少量多品種化で煩雑化する原価把握のための業務から担当者を解放。
Edgecross の活用で実現できる仕組み
  • 出来高などの生産データを自動収集し、生産管理システムとデータ連携することで品種ごとの原価をリアルタイムで効率的 ( ≒自動的 ) に把握。
  • リアルタイムな実績原価把握により変動対応力が向上。迅速な見積り提示やどんぶり勘定からの脱却などを支援。
  • 原価ベースの信頼できる改善指標の共有により、営業(赤字受注防止や収益品重点販売)、調達(原価低減)、製造(設備加工の工夫)など全社を高収益体質へ変革。
  • 工数のかかっていた原価把握業務を効率化でき、担当者の負荷を低減。

生産調整に対するスケジュールの最適化

発注元からの生産量や納期の変更などの生産調整に対して、自社の生産状況 ( ライン、出来高など ) に応じてスケジュールを柔軟に変更し、市場変化に対応した、効率的なラインの稼働を実現。

生産調整に対するスケジュールの最適化

Edgecross の活用でできること
  • 発注元の生産調整に対し、実績に基づく最適なスケジュールを迅速に立案。
  • スケジュール立案業務の属人性を低減し、スケジュール品質を平準化。
  • 各設備からデータを自動収集し、担当者のデータ収集の負荷を軽減。
Edgecross の活用で実現できる仕組み
  • 生産設備とITシステムの連携により、現時点での出来高や設備状況などに基づいて、生産負荷、他製品との納期優先度などを勘案した実績ベースの生産スケジュールを迅速に立案可能。変化に対して常に生産を適正にコントロール。
  • 生産スケジュールの立案を仕組み化することで業務の属人化を防ぎ、スケジュール品質を平準化しながら人材不足にも対応。
  • 設備データの自動収集を実現し、これまで帳票のやりとりでデータを収集していた担当者の作業負荷を軽減。スケジュール立案の迅速化と同時に、誤認や誤記などのミスを低減。
  • 工数のかかっていた原価把握業務を効率化でき、担当者の負荷を低減。

べき動率の改善

少量多品種化が進む中、設備の段取替えの回数が増えるなど効率低下リスクが増大。べき動率の改善に向け、正確な実績データに基づいたリスクの可視化により、設備を上手に使いこなして効率化を実現。

べき動率の改善

Edgecross の活用でできること
  • 段取替えの所要時間など、べき動率に影響するデータを収集し、改善活動へ。
  • 計画停止の最適化など長期的視点からもべき動率改善を支援。
  • 稼働時間など設備データの自動収集により、担当者の作業負荷を軽減。
Edgecross の活用で実現できる仕組み
  • 各生産設備から段取替えの正確な実時間や実加工時間を収集。これら精度の高いデータに基づき、例えば時間がかかる段取替え作業への工夫など効果的な改善活動を支援。
  • チョコ停などの設備停止の要因分析を行うことで、予防保守のための適正な計画停止といった長期的な視点に立った改善への取り組みもサポート。
  • 生産設備とITシステムの連携により、段取替えの正確な実時間などべき動率改善に必要な情報を自動収集。現場に行って計測するなど従来の担当者の作業負荷を軽減。

グローバルでの生産工程の同期

把握が難しい海外や国内遠隔地の部品加工工場の生産実態の可視化により、遅延を防止し、国内完成品工場と生産の流れを同期させることで納期の順守やコストコントロールを実現。

グローバルでの生産工程の同期

Edgecross の活用でできること
  • 生産の遅延を解消し、納期遵守のための航空機利用など無駄なコストを削減。
  • 遅延を取り戻すための残業や休日出勤などを削減し、担当者の負荷を軽減。
  • 海外の現場で発生した遅延の原因を国内で把握でき、迅速な改善が実現。
Edgecross の活用で実現できる仕組み
  • 海外の部品加工向上の生産状況を人でを介さずリモートで収集。国内完成品工場との同期を促進し、航空便利用や残業など遅延回避のためのイレギュラーコストを削減。
  • 部品加工工場における生産因数、仕掛、検査情報、担当作業員など、きめ細かな生産実態の把握により遅延の原因の特定を支援。対策やスケジュール見直しを国内から指示。
  • 納期遵守により無駄な残業や休日出勤をを抑止。またグローバルでのリモートデータ収集を実現し、パンデミックなどでも円滑に業務を継続。

最適品質の効率的な確保

顧客が求める品質データの要求に手間をかけることなく対応。また品質のデータ化、蓄積に基づき、カイゼンを促す仕組み作りを実現し、安定した品質を確保するなど、きめ細かな品質管理を効率的に実現。

最適品質の効率的な確保

Edgecross の活用でできること
  • 顧客の要求に対して、手間を掛けずに品質データの蓄積及び提示を実現。
  • データの活用による改善フィードバックループの実現により安定品質を確保。
  • 品質分析のパラメータ設計により熟練技術者への依存度を軽減。
Edgecross の活用で実現できる仕組み
  • 設備データや環境データなどの生産データと品質の検査データなどを自動取得。品質情報を要求する取引先の増加に対し、手間をかけずに提供できる仕組みを実現。
  • 蓄積した生産データ、品質データをAIなどで分析し、品質維持のための最適な加工条件をパラメータ化。生産現場へフィードバックし、品質改善に向けた行動変容を促進。
  • データに基づいたVE(ValueEngineering)により、過剰品質を回避しながら安定品質と原価低減を支援。また熟練技術者などに依存していた品質確保の属人性を軽減。

金属加工業向けユースケース 対応製品サービス一覧

拡大する

金属加工業向けユースケース 対応製品サービス一覧