食品製造業向け

食品製造業が抱える課題を解決する Edgecross の製品・サービスををご紹介します。

予測不能なニーズにこたえ続けられる生産体制を

食品製造業では一般的に、少量多品種への対応、季節影響への対応、安全性の確保などが必要不可欠な課題として取り組まれてきました。そして近年、製造業全体においてDX(デジタル変革)による生産性の向上、品質の確保が進む中、食品製造業はその対応の遅れが目立っている現状です。Edgecrossは食品製造業のIoT化の加速を支援し、生産および品質の高度な管理はもちろん、従来からの課題に対してもより高いレベルでの解決をお手伝いいたします。

食品製造業における5つのテーマ

Edgecross コンソーシアムでは、市場の分析により食品製造業が取り組むべき5つの課題を抽出。
ここではその解決策と対応する Edgecross の製品・サービスをご紹介します。

SDGs

使用電力など生産現場における高度なエネルギー管理を実現。省エネルギーの推進を通じて持続可能な社会づくりに貢献すると同時に、生産コストも低減。

設備のトラブル迅速改善

生産途中での設備の故障、不良、生産順序狂い、欠品などの事態を正確な実績データに基づき回避。手戻りによる人的および時間的なリソースの無駄を削減。

省人化・人の配置の平準化

熟練技術者の減少による人材不足。また、遠隔作業が求められる無菌環境での作業などに対応するために現場作業員の省人化、および限られた人材の適切な配置スケジュールを策定。

食の安全

市場の食品に対する安全意識の高まりに対応して、製造工程におけるトレーサビリティやHACCPへの取り組みなど、高度な品質管理を効率的に実現。

生産管理

生産現場の温湿度管理や原材料の投入量や投入のタイミングの管理など、現在、手作業で行っているさまざまな工程をデータに基づき自動化。デジタル変革による効率的な生産管理を実現。