スマート工場化ユースケース

下の表からEdgecross導入の用途を選び、クリックしてください。おすすめのユースケースが表示されます。

用途をお選びください

  • エネルギー管理
  • クラウド利用
  • シミュレーション
  • データ収集
  • データ分析
  • 稼働監視
  • 生産管理
  • 品質管理
  • 保守保全

おすすめのユースケース

CNC工作機械(マルチ
ベンダ)の稼働監視

各工場の生産データをクラウドに収集し、遠隔からそれぞれの稼働状況を確認。

稼働監視 クラウド利用

CNC工作機械(マルチ
ベンダ)からのデータ収集

メーカーを問わず、CNC工作機械からデータを収集して、上位とデータ連携。

データ収集

クラウドへのデータ連携

メーカーの違いを超えて生産現場データを収集し、AWSやAzureと連携。

クラウド利用

クラウドを活用した製品
品質管理

設備データをデータベースに格納し、クラウド連携により遠隔から品質管理。

品質管理 クラウド利用

生産状況の見える化によるリードタイムの削減

仕掛け品の滞留など生産状況を見える化し、各工程の最適化を推進。

生産管理 稼働監視

食品製造装置データの分析による品質、稼働率の向上

生産データをリアルタイムに診断し、生産状態の安定化とともに稼働率も向上。

データ分析 稼働監視

射出成型機の完成品
品質対策

射出成型機の各種データと不良の関係性を分析し、不良発生を未然に防止。

データ分析 品質管理

あんどんシステムの構築

収集した生産実績データを生産計画に照らして、表示器に各種指示を表示。

生産管理

さまざまなPLCからの
データ取得

PLCのメーカーを問わず、またEthernetポートを持たない旧型からもデータ収集。

データ収集

既存社内システムとの
データ連携

各種生産現場データを、既存の生産管理システムや稼働管理システムと連携。

データ収集 生産管理