導入事例

すでにさまざまな企業さまが、Edgecrossのソリューションでものづくり改革に取り組んでいます。
ベンダーにとらわれないオープンなIoTにより、生産性の向上、リードタイムの短縮など、さまざまな成果を上げています。

nec-pcの写真

NEC パーソナルコンピュータ株式会社
Edgecrossを活用したSmart Manufacturing の挑戦

【ユースケース No.011】

汎用的なインタフェースを持つEdgecrossを活用することで、開梱ロボットシステムからのデータ収集と、NEC Industrial IoT Platformへのデータ連携を容易に実現しました。
これにより開梱作業の出来⾼、稼働時間やサイクルタイム等の可視化を可能としました。

gutpの写真

国立大学法人東京大学
Edgecrossを利用し様々な電力設備機器データを「電力の見える化システム」へ連携

【ユースケース No.010】

東京大学では5拠点のキャンパスを繋ぐIEEE1888準拠の「電力の見える化システム」を導入することで約30%の消費電力削減を実現。 本システムへ柏Ⅱキャンパスを追加接続する際の手段として、豊富な設備機器とのインターフェースを持つEdgecrossを採用することで短納期、低コストにデータ連携を実現しています。

energyの写真

エコシステムによるエネルギー管理ソリューションの実現

【ユースケース No.009】

SDGsの課題でもある省エネ・エネルギー管理において原単位管理など効率的なエネルギー管理が求められています。パートナー会員の製品群による効率的なエネルギー管理を実現する工場での適用事例です。

IIFESの写真

IIFES(Innovative Industry Fair for ExE Solutions)2019デモンストレーション

【ユースケース No.008】

Edgecrossを用いた製造現場をミニチュア工場で再現。各工程からデータを収集し、会員ベンダーのクラウド、アプリケーションと連携を行うことで、データ分析や見える化などを実現しました。

イトメン株式会社の写真

イトメン株式会社
「データの見える化とクラウドを活用した更なる製麺品質向上への挑戦」

【ユースケース No.007】

製麺加工においてデータコレクタを活用し容易にデータ収集を実現。更なる高品質かつ安定的な生産の実現に向け、クラウドを活用し生産性の向上と共に高品質な麺作りに挑戦しています。

株式会社ロッテの写真

株式会社ロッテ
「「変わらない味」を実現する為の進化し続ける製造法」

【ユースケース No.006】

Edgecrossの豊富なエッジアプリケーション等を導入されたことで人気商品「雪見だいふく」の製造における品質や稼働率の向上、生産性の安定化を実現しました。

オムロン株式会社 草津工場の写真

オムロン株式会社 草津工場
「Edgecrossに対応したi-Belt Viewerによる生産性の向上」

【ユースケース No.005】

Edgecross対応アプリケーション「i-BELT Viewer」を導入。制御機器の生産において組立完成品数、搬送状況、検査待ち数を見える化し、約16%のリードタイム削減に貢献しました。

NEC DX Factoryの写真

日本電気株式会社
「NEC DX Factory ~ものづくり共創による価値づくり~」

【ユースケース No.004】

NECとパートナー企業の最新テクノロジーをEdgecrossでつないだIoTシステムを実現。モデルラインでは生産性50%低減を実現。お客さまに見て触れていただける共創型体験スペースです。

飯山精器株式会社の写真

飯山精器株式会社
「精密機械加工業におけるきめ細やかな原価管理」

【ユースケース No.003】

精密機械加工において、データコレクタにより工作機械の実稼働データをベンダーを問わず容易に把握。既存の生産管理システムと連携し、柔軟なアンドンシステムを構築しました。

複数メーカーの工作機械稼働状況をモニタリング 【デモンストレーション】の写真

複数メーカーの工作機械稼働状況をモニタリング 【デモンストレーション】

【ユースケース No.002】

Edgecrossデータコレクタで会場内18社50台の工作機械の稼働状態を通信規格の差異を吸収し、PCにデータ収集。リアルタイムでの一元的な見える化を実現しました。

三菱電機株式会社 名古屋製作所の写真

三菱電機株式会社 名古屋製作所
「リアルタイムデータアナライザを活用したロスコストの低減」

【ユースケース No.001】

サーボモーターの製造工場において、Edgecross対応ソフトウェア「リアルタイムデータアナライザ」を活用し、不良が増加する前段階での保守を実現。ロスコストを低減しました。